奨学生のイベント情報

無料ブログはココログ

« 頃安優香さん 同峯会サマーコンサート出演 | トップページ | 金平夏花さん,佐々木視令(みはる)さん 愛媛県人演奏会出演 »

2011年8月14日 (日)

石川陽子さん(チェンバロ) 東京芸術大学サマーコンサート出演(高松)

チェンバロの石川陽子さんが、現在通っている 東京芸術大学の在学生によるサマーコンサートに出演しました。

12のプログラムのトップバッターとして、D.ブクステフーデ作曲の「プレルーディウム ト短調」を演奏しました。

私、事務局長は、チェンバロの音を生で聴いたのは初めてで、その音の印象は「聖なる音色」とでもいった感じがしました。

チェンバロを見たのも初めてですが、これ、「エレクトーン」みたいに鍵盤が上下2段あったんですね。遠くから見たところ、下鍵盤を弾いているときは、どうも上鍵盤も一緒に動いていたようですが、、、この辺は、石川さんの解説を待ちましょうか。

また、プログラム4番で、バス独唱(麓旺二郎さん)のピアノ伴奏として、立川美香さんが登場しました。この麓さん、学部1年生らしい初々しさから、入退場時に思わず、笑いを誘うほほえましい場面もありましたが、演奏は、立川さんのピアノ伴奏でバッチリと決めていました。

●演奏後の石川さんを「パチリ!」(演奏中の撮影は残念ながら禁止でした)

(立川さんにはお会いできませんでした)

20110814_

----------------------------------------------------------------------

■香川県出身在学生による 東京芸術大学 Summer Concert2011

  (主催 東京芸術大学音楽学部香川県人会)

■ 2011年8月14日(日)  開演 14:00~

■ アルファあなぶきホール 小ホール(高松市)

20110814_2 

« 頃安優香さん 同峯会サマーコンサート出演 | トップページ | 金平夏花さん,佐々木視令(みはる)さん 愛媛県人演奏会出演 »

コメント

おかげさまをもちまして、無事終わりました。お客様がたくさんいらっしゃってびっくりしました。事務局長さま、お忙しいなかありがとうございました。
チェンバロには1段鍵盤のものと2段鍵盤のものがあります。(3段は珍しいです。巨大で重そう)2段鍵盤の楽器は、1つの鍵盤で1本の弦をひっかくので、2段あると音色が少し異なる2種類の音があることになります。それを連動させて2本一緒に弾くこともできるので、もう片方の鍵盤も動いていました。オクターヴ上の弦もあり、3本同時に弾くこともできます。1段鍵盤の楽器でもたいてい2本ずつあると思います。組み合わせなど、いろいろ楽器によります。
鍵盤の向こうでピアノは弦をやわらかいハンマーで叩いてポーンと音を鳴らしますが、チェンバロは鳥の羽軸を削った小さな小さなツメでひっかいてピン。。。と音を鳴らします。とてもシンプルなつくりです。この純粋な音色と余韻、弾いた感触がとても素敵です。
日本には素晴らしい製作家の方がたくさんいらっしゃいます。チェンバロはそれこそ手作り、みんな違います。
これからもがんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575381/52479183

この記事へのトラックバック一覧です: 石川陽子さん(チェンバロ) 東京芸術大学サマーコンサート出演(高松):

« 頃安優香さん 同峯会サマーコンサート出演 | トップページ | 金平夏花さん,佐々木視令(みはる)さん 愛媛県人演奏会出演 »

★お知らせ★

  • 奨学生のみなさんへ
    ■ホームページやブログを公開している方へ。 2012年1月4日からリンク貼り付けさせていただいています。個別にリンクの了承を得ておりませんが、この場を借りてお知らせいたします。                                   ■奨学生の皆さんが直接掲載する場合、まず「ログイン」して、  ・過去形は「記事の作成」  ・イベントの予定は「ウェブページの作成」にて行ってください。

リンク

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30