« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

増田景子さん(フルート) 「フルート&ギター クラシックライブ」

フルートの増田景子さん、神戸、高松、大阪の3会場でギター(大野元毅氏)とのデュオのライブ開催中です。

高松スピークロウでの1回目公演にお邪魔してきました。

クラシックだけでなく、童謡「浜千鳥」や「もののけ姫のテーマ」といった、ジャンルにとらわれない曲目の演奏もありました。最後は「タンゴの歴史」をピアソラの作曲家としての人生の紹介も加えて演奏してくれました。

伴奏の大野さんが演奏したギターは、10弦ギター。実際に弾くのは通常の6本で、残りの4本は共鳴用で響きを豊かにするためのものだそうです。初めて見ました。

あすは、シリーズ最終日の大阪公演です。成功を祈ってます。 (事務局長 記)

Cimg0795_2     Cimg0792_3

---------------------------------------------------------------------

①神戸
  ■ 日 時   2011年8月24日(水)  開演14:00
  ■ 場 所   PIA Julien(ピアジュリアン)
            神戸市中央区加納町4-3-2 近藤ビル9階
            地下鉄三宮駅 東1番出口すぐ  (TEL 078-391-8081)
  ■ 料 金   3,500円(ワンドリンク+お菓子付)
②高松 2回公演
  ■ 日 時   2011年8月27日(土)  開演18:30 /  20:30  (2回公演)
  ■ 場 所   SPEAK LOW(スピーク ロウ)
            高松市塩上町三丁目20-11    (TEL 087-837-0777)
  ■ 料 金   3,000円(ワンドリンク付)    
③大阪
  ■ 日 時   2011年8月28日(日)  開演13:00
  ■ 場 所   Gazebo(ガゼボ)
            大阪市西区靭本町一丁目6-17  (TEL 06-6459-2746)
  ■ 料 金   3,500円(ワンドリンク+ミニランチ付)
20110827__3 Masuda_ura2_3

2011年8月26日 (金)

石川陽子さん(チェンバロ) 「古楽アンサンブル Reine」開催

石川陽子さん、砂山佳美さん(フラウト・トラヴェルソ)、境恵輔さん(ヴィオラ・ダ・ガンバ)の3人組「Reine」が古楽アンサンブルコンサートを開催しました(「Reine」名義での初公演)。

ピアノ、フルート、ヴァイオリン属の先輩楽器たちの音を生で聴いて、16~17世紀頃の音楽の雰囲気を味わうことができました。

このチェンバロは2段の鍵盤(3段もあるそうです)で、1音について3本の弦が張ってあり、うち1本は1オクターブ高い弦。機械式操作をして、一度に爪弾く弦の数を変えて音質や音量を変化させるそうです。

フラウト・トラヴェルソは木の暖かい音、ヴィオラ・ダ・ガンバは「羊の腸(金属弦ではない)」の優しい音でした。

Cimg0786Cimg0784Cimg0787   

今日は、チラシのデザイナー、曽根三千代さんもいて一緒に楽しみました。

また、先週、リサイタルを開催した高本直さんも、お姉さん夫婦と一緒に来られてました。

このお二人からもコメントお待ちしています。   (事務局長 記)

-------------------------------------------------------------------

■ 日 時  2011年8月26日 19:00~  (開場 18:40)

■ 場 所  CAFE KUSAKA (高松市林町 2547-6  TEL 087-813-6084)

■ 料 金  2,000円 (ウエルカムドリンク付;当日払)

(主催) Reine(ライネ)

(プログラム) 

   テレマン:ガンバソナタ 第3番

   ラモー:ガヴォット

   オトテール: 第3組曲 ト長調

   C.P.E.バッハ:フルートソナタ ホ短調 ほか

flairこのチラシのデザインは、曽根三千代さんの手によるものです。

(そういえば、5月の白井奈緖美さんの「パリからの手紙2」のチケットは、千田豊実さん作ですhttp://tamaconne.cocolog-pikara.com/blog/2011/05/post-1541.html )

音楽と美術のコラボも進んでいます!

20110826_ishikawayoko1

佐々木視令さん(ピアノ) 「二台ピアノと連弾の会」「田中一実 メモリアル・コンサート」出演

佐々木視令さんが、東京での2つの演奏会(8月23日、26日)に出演しました。

佐々木さん、ご報告を待ってます。

-----------------------------------------------------------

佐々木さんは、3月15日の来団記にあるように、双子姉妹の妹で、お姉さんの智令(ちはる)さんと連弾や二台ピアノに取り組んでいて、今回も二台ピアノを聴かせてくれるようです。

lovely佐々木視令です  (近況とコンサートご案内)

3月11日の大震災以来、私は一人の芸術家として自分にできることは何か、自分だけのための音楽をやっているのではないかと、あらためて考えるようになりました。

そこで、老人ホームをお借りし、施設の近所の方々に集まっていただいて、姉とともにチャリティコンサートを開かせていただきました。聴いて下さった皆さまと温かい空間を共有させていただき、私自身、音楽の持つ力をあらためて実感しました。

今回、いくつかの演奏会に出演させていただくことになりましたので、ご案内いたします。

なお、23日の演奏会は、大学で教えていただいている佐々木素先生とそのデュオパートナーの山内知子先生とともに開催させていただくものです。

別掲の8月14日の愛媛でのコンサートと合わせ、8月は盛りだくさんの演奏会ですが、ピアノを弾けることに感謝し、頑張りたいと思います。

是非、ご来場ください。

--------------------------------

① 「二台ピアノと連弾の会」

■日 時  2011年8月23日(火)  開演14:00

■場 所  ルーテル市ヶ谷センター・ホール

        (東京都新宿区市谷砂土原町1-1  03-3260-8621)

■料 金  2,000円(全席自由)

■お問い合わせ  allegro-con-moto.95@nifty.com

20110823_sasaki_s

② 田中一実 メモリアル・コンサート

■日 時   2011年8月26日(金)    開演 18:30 (開場18:00)

■場 所   東京オペラシティ リサイタルホール

                     (東京都新宿区西新宿3-20-2)

■入場料   3,000円(全席指定)

■主催・お問い合わせ  NPO法人 連弾ネット(050-3428-3499)

20110826_sasaki_s

2011年8月25日 (木)

柳垣智子さん(ヴァイオリン) 来団

ドイツ ヴュルテンベルグ フィルハーモニー管弦楽団員として活動中の柳垣智子さんが来団してくれました。

2002年度の国内奨学生で、その後ドイツに留学してそのまま演奏家として現地に在住されてます。

当財団メンバーも02年当時から入れ替わってしまった中でも、こうして財団を訪問してくれることは、本当に嬉しいかぎりです。

留学先の卒業後、「もう日本に帰らざるを得ないかな」という局面が何度もありつつ、その都度、タイミング良く仕事先が確保できて、ドイツで活動を続けられているという話をお聞きしました。そのため、いつでも日本に帰れるように、家電製品など荷物になるものを極力少なくした生活が長かったという話もしてくれました。苦難も多かったのでは、と思いますが、案外、本人はケロッ。

このブログは現地でも見てくれているとのことで、今後は、ときどき現地での活動報告をしてくれる「約束」をしてくれました。よね?柳垣さん。

今後のますますのご活躍を期待してます。                     (事務局長 記)

「元来、負けず嫌いな性格のところ、ドイツに行って度胸に磨きがかかり、ますますたくましくなりました」という柳垣さん

20110825__2   

happy01柳垣智子です

今日は、久々の訪問にもかかわらず、温かく歓迎いただいてとても嬉しく、ありがたく思いました。

今後は時機を見て、夏休み休暇を利用しての日本での活動も考えながら、後悔のないようにやれるだけのことはすべてやりたいなと思っています。

高松へ来られる機会があるときは、また立ち寄らせてください。現地からの活動報告も頑張ります!

2011年8月23日 (火)

曽根三千代さん(洋画家)来団

今日は曽根三千代さんが財団にお越しくださいました。

彼女はいつも財団の行事を快くお手伝いくださる頼りになる女性です。(感謝、感謝)

曽根さんは新制作協会会員の洋画家として活躍されており、今年、香川県文化芸術新人賞を受賞されています。

本日は9月から開催の「新制作展」のご案内をいただきました。

財団では、制作過程の裏話をこっそり教えていただいたり、出展作品の写真も見せていただきました。

今年はF150号の作品1点のみ出展ということですが、彼女の作品の特徴である伸びやかな線と碧色がとても印象的な作品です。

巡回展となっているようですので、会場のお近くに住んでいる方はぜひ足を運んで作品を鑑賞してみてください。(北川記)

20110823__2

2011年8月21日 (日)

高本直さん フルートリサイタル開催

高本直さん(フルート)がリサイタルを開催しました。会場となったさぬき市志度音楽ホール(500席)は満席。(当日券もありましたが、開場後、あっという間に完売。happy01

演奏も、共演者の大堀さん(ピアノ)との息もピッタリでした。大堀さんとは2年前に共演したことがあるとのことですが、それにして東京でのリハのみで、ここまで息のあった演奏ができるのは、「ブラボー」です。happy01 今回の演奏会は、高本さん自らマイクを持って曲目解説をするなど大変だったと思います。

曲目は、第1部は、C.P.E.バッハ作曲「ハンブルガー・ソナタ ト長調 W.Q133」はじめ6曲、第2部では、C.フランク作曲「フルートとピアノのためのソナタ イ長調」の他、武満徹作曲「フルート独奏のための「ヴォイス」」という現代曲もありました。現代曲の演奏後、高本さんから「少し驚かれたでしょう。」というコメントがありましたが、財団の松平さん、白井さんの現代曲の演奏を見ていたので、フルートではどのようにするのかと、興味を持って観ることができました。

演奏会終了後、高本さん、大堀さんのツーショットを撮影しようと待っていましたが、高本さんに握手を求めるお客様が長蛇の列で、30分ほど待ってやっと撮影することができました。高本さん、大堀さん、大変お疲れ様でした。(藤井 記)

003 

(笑顔で「はい、チーズ」)

--------------------------------------------------------------

■ 日時 平成23年8月21日(日) 14:00~

■ 場所 さぬき市志度音楽ホール(香川県)

20110821_

徳井えりなさん(ソプラノ) 歌劇「ファルスタッフ」出演

徳井えりなさんが、四国二期会のオペラ公演「歌劇 ファルスタッフ」にナンネッタ役で出演しました。

作曲はヴェルディ。原作はシェークスピアで、つい堅い物語をイメージしていたのですが、相当におもしろい喜劇ですね。オペラといえば敷居の高い一大芸術のイメージですが、当時のヨーロッパにおける今の日本の吉本新喜劇のような娯楽観劇だったのではないだろうかと思いました(例えが適切でなければお詫びします)。

歌唱は原語でしたが、日本語訳を電光板で示してくれるので、素人の事務局長も楽しめました。この日本語訳もなかなかウィットに富む訳だし、喜劇にぴったりの表現で、笑わせてもらいました。

もちろん、徳井さんは徳井さんにぴったりの”可憐な娘”役で、”妖精”にもなり、最後は”花嫁”にもなって、ナンネッタにとってハッピーエンドな話でした。

今日の模様については残念ながら、写真撮影禁止につき画像はなしです。

なお、この公演のコレペティトゥーレとして、立川美香さん(ピアノ)が協力されています。

徳井さん、立川さん、お疲れ様でした。そして、すばらしいオペラでした。(局長 記)

追記sign03

オーケストラ・メンバーとして、オーボエの山口裕加さんが賛助出演されておりましたので、遅ればせながらご報告します。

----------------------------------------------------------------------

■ 2011年8月21日(日) 14:00~

■ アルファあなぶきホール大ホール(香川 高松市)で開催される 歌劇 ファルスタッフ

   に ナンネッタ役で出演します。

     (お問い合わせ 四国二期会 087-835-3186)

20110821__2_2

2011年8月18日 (木)

岡田昌子さん(ソプラノ)来団

本日、2人目のお客様。岡田昌子さんです。

10月2日、さぬき市志度音楽ホール開館25周年記念事業

「岡田昌子ソプラノリサイタル」に出演されます。

このコンサートは入場無料で整理券が8月10日に配布されたのですが、な、な、なんと

配布開始から40分でチケットが無くなってしまったそうですwobbly

当日の演奏会はもちろん素晴らしいものになるでしょう。

3年ぶりにお会いしましたが、チャーミングな彼女お得意の讃岐弁での爆笑トークが炸裂しましたhappy02

来年の3月から文化庁の派遣でイタリアへ行くことが既に決まっているそうです。

いつも明るくパワフルで飾らないキュートな昌子ちゃん、これからも頑張ってねsign01

(北川:記)

20110818_

happy01 岡田昌子やで。

本日は皆様にお会いできまして、大変光栄でした。お忙しい中、お相手して頂きましてありがとうございました♪懐かしい空気に本当に心が和みました。なかなか文面になりますと、讃岐弁はでないものですね・・・笑  いつもこうして支えて、応援して下さることに 感謝の気持ちでいっぱいです。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします^^  岡田昌子

高本直くん(フルート)来団

 平成23年度海外留学生の高本くん(ドイツ留学)が来団しました。今回は、8月21日(日)、さぬき市志度音楽ホールでのリサイタルのご挨拶です。

 高本くんは高校時代、理数系だったそうで、ご両親は音大への進学希望を聞いて驚いたようですが、今は、一番の応援者になってくれているそうです。

 その進路に悩んでいた時期に、たまたま、財団奨学生の國末くんが教育実習生で学校に来ていて、相談したところ、「いいんじゃな~い。音大、おもしろいよ」という軽い言葉に押されて決心したそうです。

 ドイツでは自炊していて、あちらの炊飯器は保温機能がなく電圧も200Vなので、炊きあがりそのままにしていたら、真っ黒焦げになっていたそうな。肉も薄切りのものがないそうで、日本人留学生でお金を出し合ってスライス機を買おうと相談しているそうです。食文化が違うので、苦労しているようですが、頑張れ-。

 リサイタルのピアノ伴奏は東京在住の大堀晴津子さん。彼女は引っ張りだこ状態で、香川へは当日入りだそうです。一昨日にはなんとか会場でリハをしたようですが、残る期間は単独練習。「ピアノが、ここでこんなニュアンスで弾いてきたら、自分はこう吹こう」というシミュレーションを、一人でピアノとフルートの両方を弾きながら確認していくらしいです。いろんなパターンの組み合わせを(理数的センスを駆使して?)想定しつつ、当日の最終音合わせでどう演奏するか決めるのだそうです。

 高本くんの将来の夢はオーケストラの団員だそうです。まずは、今回のリサイタルを成功させ、ドイツで勉学に励み、夢を叶えてもらいたいものです。頑張れ-happy01 (藤井記)

20110818__2

個展開催  [兼若和也 記] 

残暑お見舞い申し上げます。

大阪での個展の案内です。

宜しくお願い致します。

兼若和也

http://tamaconne.cocolog-pikara.com/blog/201109031008.html

studio J

2011.9.3(土)- 10.8(土)

13:00-19:00

日、月、火 休み

(上記以外はアポイントをお願いします)

opening reception 9.3(土) 17-19時

Photo

(以上、本人の直接書き込みをいただきました!ありがとうございます。(中山))

2011年8月17日 (水)

矢部望美さん(ピアノ) サマーコンサート出演

ウィーンで勉強中の海外奨学生、矢部望美さんが、児島祥子氏と宮崎世利子氏に学んだ演奏家によるサマーコンサートに出演しました。

矢部さんは、

・エレクトーン奏者の高島綾音さんとのアンサンブルで、バーンスタイン / 「ウエストサイド物語」より シンフォニックダンス

・ヴァイオリンの大矢祐歌さんとのアンサンブルで、シューベルト / ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番ニ短調D.384(Op.137-1)、クライスラー / 中国の太鼓Op.3

の3曲を演奏。

ウエストサイド物語では、エレクトーンとピアノで速いフレーズを、ビシビシっとユニゾンでキメて、とてもカッコイイ演奏でした。

矢部さん:「ウィーンの大学はこの夏卒業ですが、3月まではウィーンに残って、

       いろいろコンクールに出場する予定です」

20110817__2

happy01 矢部望美です!

先日はコンサートにご来場くださり、ありがとうございました!

聴いてくださるお客様方に心から楽しんでいただきたい、という思いで演奏しました。
今回共演させていただいた高島さんと大矢さんとは、また来月の11日にコンサートを開催する予定です。
このように、ふるさとで演奏させていただけることに感謝し、お客様に楽しんでいただける演奏会になるよう頑張りたいと思います。

本当にありがとうございました!

----------------------------------------------------------------

■ タイトル  「児島、宮崎門下生による第2回Summer Concert」

■ 日 時  2011年8月17日(水) 19:00開演

■ 場 所  サンポートホール 第1小ホール(高松市)

 20110817__2

地行美穂さん(ヴァイオリン) 来団

東京で活動している地行美穂さんが、お盆の帰省中ということで、事務局に挨拶に来てくれました。1週間程度、海などに行ってのんびりするつもりだったのですが、仕事の関係で、わずか2泊3日のふるさと滞在となって、明日の午後には東京に戻るということです。

22日の月曜日は、サントリーホールでの「サントリー芸術財団 サマーフェスティバル2011」に東京交響楽団の演奏に加わって出演するので、帰省とは逆の形で、ご両親が演奏会を見に上京されるとのことです。http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/perform/list1108.html#P22M1

「実はね、私、日本酒党なの。フフフ」な一枚。

20110817_

2011年8月16日 (火)

和田絵里子さん(ヴァイオリン) 来団

和田絵里子さんが、9月10日(土)開催の「高松市美術館ふれあいコンサート」の案内のため、財団事務局を訪問してくれました。

http://tamaconne.cocolog-pikara.com/blog/20110910_bijyutukan.html

一緒に出演する松本彩さんとは昨年のふるさとコンサートの打ち上げで知り合った仲で、息の合ったバイオリンとハープとの共演が楽しみです。

松本さんは松山在住のため、音合わせには、それぞれが高松と松山の互いの家を訪れるそうです。

既に、和田さん家で練習をしていて、こんど来週、和田さんが松山を訪問するとのこと。

happy01和田絵里子です。

「『遠距離練習』は大変だけど、頑張ってます。いい演奏をお聴かせしますので、是非聴きに来てね!」

20110816_wada

------------------------------------------------

事務局長「遠距離でもいいから、恋愛はどうなの?」

和田・北川女史「今日、そんな話はせんかったやろ!angry

★☆ 山﨑由美子さん(日本画) うづうづ展 (二人展)を開催中 ★☆

山﨑由美子さんが多摩美術大学の同級生 塩﨑美佐子さんと二人展を開催中です。

お近くの方は、是非、ご覧ください。

-------------------------------------------------------

■タイトル 「うづうづ展」

■日 時  2011年8月15日(月)  ~  20日(土)

        11:00~19:00 (最終日は17:00まで)

■場 所  アートスペース 羅針盤

        104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル2F

        TEL 03-3538-0160

1

2011年8月15日 (月)

金平夏花さん,佐々木視令(みはる)さん 愛媛県人演奏会出演

財団奨学生で、現在、桐朋学園大学研究科2年の 金平夏花さんと、武蔵野音楽大学別科の 佐々木視令(みはる)さんが、出身の愛媛県人演奏会に出演しました。

bleah金平さん、佐々木さん、コンサートの模様の報告を待ってます。(事務局長)

-----------------------------------------------------------------

■ タイトル 第30回 愛媛県人演奏会(愛媛県出身の音楽大学生によるコンサート)

■ 日 時  2011年8月14日(日)  開演14:30 (開場14:00)

■ 場 所  松山市民会館 中ホール

■ 入場無料

■ 主 催  愛媛県人演奏会  

■ 問い合わせ 090-5915-8198(上田) ehimekenjin_music@yahoo.co.jp

20110814_sasaki_s

2011年8月14日 (日)

石川陽子さん(チェンバロ) 東京芸術大学サマーコンサート出演(高松)

チェンバロの石川陽子さんが、現在通っている 東京芸術大学の在学生によるサマーコンサートに出演しました。

12のプログラムのトップバッターとして、D.ブクステフーデ作曲の「プレルーディウム ト短調」を演奏しました。

私、事務局長は、チェンバロの音を生で聴いたのは初めてで、その音の印象は「聖なる音色」とでもいった感じがしました。

チェンバロを見たのも初めてですが、これ、「エレクトーン」みたいに鍵盤が上下2段あったんですね。遠くから見たところ、下鍵盤を弾いているときは、どうも上鍵盤も一緒に動いていたようですが、、、この辺は、石川さんの解説を待ちましょうか。

また、プログラム4番で、バス独唱(麓旺二郎さん)のピアノ伴奏として、立川美香さんが登場しました。この麓さん、学部1年生らしい初々しさから、入退場時に思わず、笑いを誘うほほえましい場面もありましたが、演奏は、立川さんのピアノ伴奏でバッチリと決めていました。

●演奏後の石川さんを「パチリ!」(演奏中の撮影は残念ながら禁止でした)

(立川さんにはお会いできませんでした)

20110814_

----------------------------------------------------------------------

■香川県出身在学生による 東京芸術大学 Summer Concert2011

  (主催 東京芸術大学音楽学部香川県人会)

■ 2011年8月14日(日)  開演 14:00~

■ アルファあなぶきホール 小ホール(高松市)

20110814_2 

2011年8月12日 (金)

頃安優香さん 同峯会サマーコンサート出演

愛知県立芸術大学在学中の 頃安(ころやす)優香さんが愛知県立芸術大学 同峯会サマーコンサートに出演しました。

002_3

 舞台では、かなり緊張していたようですが、コンサート終了後はリラックスして笑顔もみられました。

 このコンサートにも、いろいろなコンサートに来場し歓声をあげるあの○○さんが来ていたので反応をみていると、ドイツ語で歓声をあげ、ご満悦のようでした。(それぞれの曲目に応じた言語で歓声をあげ、出演者にはこの歓声は“想定外”といった感じでしたが、この“想定外”はよかったのでは。)

頃安さんは、卒業後はドイツ留学を考えているとのこと。頑張ってください。

それから、同大学のOGで財団奨学生でもある松尾京子さん(旧姓岡田)が事務局としてお手伝いにきていました。二人で記念写真と思いましたが、姿が見えなかったので残念でした。松尾さんお疲れ様でした。

happy01 頃安優香です!

ご来場くださり、ありがとうございました。happy01
今回のコンサートでは、日々学んできたことの成果を出すとともに、また新たな課題も見つけることが出来ました。それを今後につなげていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------

 ■ 日 時  2011年8月12日(金) 18:30開演

 ■ 場 所  サンポートホール 第1小ホール(高松市)

 

   201108121

2011年8月 9日 (火)

石元靖大さん(日本画) アーティストグループ「団・DANS」展覧会に参加しました

石元さん、開催期間中の模様、是非ご報告を!

--------------------------------------------------------

■ アーティストグループ「団・DANS」展覧会

■ 2011年8月2日(火)~8月9日(火) 9:00~20:00(8月2日のみ 18:00 OPEN)

■ ドイツ文化センター(東京都港区赤坂七丁目5-56 ドイツ文化会館)

  地下鉄 青山一丁目駅 A4出口から徒歩5分

■ 入場無料

↓ 団・DANSのサイトです。

http://dandans.jp/

20110802_ishimoto_3   

-------------------------------------

★石元さんからのメッセージ★

今年は日本とドイツの交流150年を記念する年です。この年に際し、アーティストグループ「団・DANS」はドイツ文化センターにおいて展覧会「hierher dorthin -こちらへ、あちらへ-」を開催することとなりました。

これは団・DANSとドイツ大使館、ドイツ文化センターの共同プロジェクトとして開催するものです。

これまでの2国間の歴史や文化の結びつきから29名のアーティストが自由に発想して制作した、さまざまなアート作品が展示されています。

皆さん、是非、ご覧ください!

2011年8月 7日 (日)

ふるさとコンサートが放送されます! (高松ケーブルテレビ)

7月8日の第16回ふるさとコンサートにおける6名の熱演が、高松ケーブルテレビで再現します!(高松エリアの人だけですけど。。。)

8月8日(月)~8月14日(日)の1週間、毎日、一回放送されます。

当日のコンサートを見た人も、見てない人も、高松ケーブルテレビで鑑賞しましょう!http://www.cavy.co.jp/tv/mt/cavych/2007/09/122ch.html

(視聴するには、高松ケーブルテレビへの加入契約が必要ですhttp://www.cavy.co.jp/

Photo

2011年8月 5日 (金)

佐野翔子さん(ソプラノ) 愛歌会チャリティコンサート

佐野翔子さん(ソプラノ)が 愛歌会チャリティコンサート「誰もが素敵」に出演しました。

第一部はクラシック系、第二部は電子楽器を含めたジャンルを問わない楽曲、最後は声楽全員での合唱でフィナーレでした。

佐野さんの演奏は、独唱で

  ・オペラ”ジャンニ・スキッキ”より 「私の大好きなお父さん」/プッチーニ 

  ・映画”慕情”より 「慕情」 / フェイン   

  ・アヴェ マリア / マスカーニ

第三部の合唱で レクイエム / モーツァルトほか、素敵な歌声を聞かせてもらいました。

-----------------------------------------------------------------------

happy01佐野翔子です
昨日はご来場いただいた皆さま、どうもありがとうございました!
昨日のコンサートは震災のチャリティーというのも大きな目的のひとつでしたが、それに加えて、わたしの父が大好きな『慕情』を演奏することができて、ちょっとした親孝行になったのではないかと思っています。
たまごコネクション、いつも拝見しています。今はインターネットでみなさんの情報がすぐに分かるので便利ですね!
最近ご無沙汰してしますが、たまごコネクションを見て励みにしていきたいと思ってます。

--------------------------------------------------------------------

演奏後の一枚。(独唱では白のドレスでしたが、第三部レクイエムの合唱にあたって黒衣装にお着替えです)

20110805_sanoshoko_2 

--------------------------------------------------

■ 愛歌会チャリティコンサート「誰もが素敵」

■ 2011年8月5日(金) 19:00~

■ 高松テルサ(高松市屋島西町2366-1  TEL087-844-3511)

■ 入場料 1,500円 (学生以下は1,000円)

(主催:愛歌会 TEL 087-888-3838)

20110805__2

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

★お知らせ★

  • 奨学生のみなさんへ
    ■ホームページやブログを公開している方へ。 2012年1月4日からリンク貼り付けさせていただいています。個別にリンクの了承を得ておりませんが、この場を借りてお知らせいたします。                                   ■奨学生の皆さんが直接掲載する場合、まず「ログイン」して、  ・過去形は「記事の作成」  ・イベントの予定は「ウェブページの作成」にて行ってください。

リンク

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31